関西大学経済学会

menu

2016年度学生懸賞論文審査結果

2017年2月22日に行われました合同審査会において厳正なる審査の結果、今年度の受賞作が以下のように決まりましたのでお知らせします。今回は34本の応募があり、2等1本(賞金4万円)、3等8本(賞金3万円)、佳作15本(賞金1万円)、参加賞10本(副賞:記念品)という結果になりました。また、応募34作の中から最も得点が高かった2等論文が最優秀賞に選出されました。受賞者は下記の通りです。  

  最優秀賞&2等

「セルフコントロールと消費意思決定~シングルソースデータを用いた消費行動分析」

善道一輝さん

3 等

「移民政策の厚生分析」 上野友義さん
「医療費の地域格差からみた医療費の削減策」 大西映実さん
「京阪神大都市圏の観光戦略」 山本真理子さん
「障害者の雇用はどうあるべきか」 由井真広さん

「韓国は財閥体制を改善し社会格差を食い止めるこ
とができるのか~脱・財閥依存と経済民主化~」

飯坂真理子さん
「地下経済のダウンサイジング」 加賀翔吾さん
河野翔多さん
眞島 葵さん
松浦崇仁さん
「長時間労働の解消は企業にとって有益か否か」 土橋春香さん
相良伊織さん
長松真澄さん
ふるさと納税に関する一考察

奈良井友貴さん
松井智成さん
濱谷和也さん
瀧後七瀬さん