関西大学経済学会

menu

2017年度学生懸賞論文審査結果

2018年2月28日に行われました合同審査会において厳正なる審査の結果、今年度の受賞作が以下のように決まりましたのでお知らせします。今回は30本の応募があり、2等2本(賞金4万円)、3等12本(賞金3万円)、佳作9本(賞金1万円)、参加賞7本(副賞:記念品)という結果になりました。また、応募30作の中から最も得点が高かった2等論文2本が最優秀賞に選出されました。受賞者は下記の通りです。  

最優秀賞&2等

「老後の貧困問題 ~所得代替率の観点から~」

三宅 秀明さん

「あなたの選択、本当ですか
     ~おとり効果とビューティープレミアム~」

明石 悠さん
大川 貴之さん
田中 智之さん
津田 彩那さん
山本 夕貴さん

3 等

「国家による死体臓器再分配の是非 
– 拡張的ロールズ理論とレフト・リバタリアニズムの主張 -」
田中 鮎太さん
「配偶者控除の見直しについて」 北村 竣さん
西口 尚見さん
村上 新樹さん
米本 陽菜さん
「石油・天然ガスが経済に与える影響」 長 佑樹さん
「趣味に関する社会哲学的考察
   - 社会関係資本としての趣味縁の可能性の探求 -」
小野 栞里さん

「情報は国家を幸せにするか」

杉川 練さん
杉原 涼馬さん
廣瀬 史弥さん
宮本 苑実さん
横谷 直紀さん
「子どもの貧困と教育の重要性」 湯川 和彦さん
「中東圏からみた宗教と汚職」 郷 愛さん
西田 源央さん
三代 翔子さん
山口 澄さん
「省エネ法におけるトップランナー制度が
   企業に与える効果と省エネルギーへの影響」
木山 雄平さん
白石 拓夢さん
根来 成己さん
新鞍 清人さん
「子供の貧困について考える – 学童保育の充実に向けて」 竹内 瑞穂さん
「FIT制度と太陽光発電の普及効果」 桂田 怜菜さん
西中 香恵さん
前岡 佐和さん
山川 茉瑚さん
「独身税によって少子化を止めることは可能か
         ~功利主義の観点から考える~」
佐野 稜太さん
「公共図書館の利用促進」

磯部 裕史さん
岩松 佳苑さん
鬼澤 里佳さん
杉本 康輔さん