関西大学経済学会

menu

第14回研究会のお知らせ〔12月5日(木)13:00~〕

会員各位

平素は経済学会の運営にご協力をたまわり、誠にありがとうございます。

さて下記の内容で第14回研究会を開催いたします。

皆様、奮ってご参加いただきますよう、

お願い申しあげます。

日時: 2019年12月5日(木) 13:00~15:00

場所: 関西大学千里山キャンパス第2学舎 C603 

●第1報告:
報告者:

長澤勢理香氏 (流通経済大学・経済学部・助教) 

タイトル:
イギリス王立アフリカ会社と不正行為 

●第2報告: 
報告者:
布留川正博 氏 (同志社大学・経済学部・教授)

タイトル:
イギリスの奴隷貿易・奴隷制廃止運動におけるキリスト教勢力-『奴隷船の世界史』を読む 

コメント: コメンテーター
                     宗村敦子 (京都大学・アフリカ地域研究資料センター・特任研究員) 

 

概要: 
近年、奴隷貿易に関する日本語の研究が相次いで発表されている。本研究会では、その中でもイギリスがどのよ うに大西洋の奴隷貿易に関与していたのかについて、両先生に御自身の研究成果を発表して頂き、同時に最近の 奴隷貿易研究の最新の成果について御教示頂く予定にしている。また最近では大西洋の奴隷貿易だけでなく、ア ジアやインド洋における奴隷貿易に関する研究も著しく深化しており、そうした各地の事例を包摂したグローバルな 視座から大西洋奴隷貿易の位置付けを再検討する必要が高まっている事から、改めて大西洋の奴隷貿易につい て学ぶことは人類の歴史を学ぶ上で大変重要で意義のある事と考える。
以上