関西大学経済学会

menu

2015年度学生懸賞論文審査結果

2016年2月14日に行われました合同審査会において厳正なる審査の結果、今年度の受賞作が以下のように決まりましたのでお知らせします。今回は23本の応募があり、1等1本(賞金5万円)、2等3本(賞金4万円)、3等6本(賞金3万円)、佳作10本(賞金1万円)、参加賞3本(副賞:記念品)という結果になりました。また、応募23作の中から最も得点が高かった1等論文が最優秀賞に選出されました。受賞者は下記の通りです。  

最優秀賞&1等

「女性活躍と労働生産性~企業パネルデータを用いた分析~」 柏原貴之さん
寺田真綺子さん
吉田美緒さん

2 等

「日本の公的教育費の減少要因」 小野弘喜さん
宋 敏哲さん
多木千尋さん
堀川和誠さん
「大学図書館内での「音」に関する制度設計
~異なる利用者間の問題に焦点を当てて~」
藤本直樹さん
「放置自転車がもたらす外部不経済と政策による余剰の創出」 北 真二さん
原 旺央さん

3 等

「「基礎的ケイパビリティの平等」理論における文化従属性について
ケイパビリティのリスト化は必要か」
泥谷遼太さん
「男女別犯罪者と高齢者犯罪の背景と要員
~時系列回帰分析による実証分析~」
山端大介さん
「軽減税率に代わる逆進性の緩和策」 蝦名洋輝さん
太田利直さん
大西映実さん
松本拓也さん
「育児休業制度は企業にとって有益か」 浜田智美さん
藤井資也さん
「ふるさと納税の現状と課題」 小藪裕太さん
小島悠生さん
籔中美希さん
今中紗江さん
日朝大輔さん
田中竜也さん
「新たな嗜好品税の導入」 武田大輝さん
高垣智一さん
土合謙介さん