関西大学経済学会

menu

入会に関する Q&A

[2020年4月1日更新] Q&Aは随時追加していく予定です。ご不明な点がありましたら、econosc@gmail.com までお問い合わせください。

Q1:学生会員になるとどのようなメリットがあるのですか?

A1: 大きなメリットのひとつは、『経済学会報』や『経済論集』などの刊行物を受け取れることです。特に、『経済学会報』には、掲載の許可を得たすべての経済学部専門科目の試験問題とその解答を掲載しており、学習に役立ちます。そのほか、学生懸賞論文の応募、各種プログラムに対する支援等、さまざまな特典が得られます。

Q2: 私は経済学部に入学する新入生ですが、どうすれば経済学会へ入会できますか?

A2: 銀行口座振込または郵便振替にて、在学期間4年分12,000円の会費を一括して納入していただきますようお願いいたします。その際、学生ご本人のお名前と学籍番号を必ずご入力ください。口座番号等の詳細はこちらをご参照ください。

経済学会開室時に、現金で会費を納入することも可能です。Q4をご参照ください。

Q3: 私は経済学部に入学する新入生ですが、入学前に経済学会へ入会することは可能ですか?

A3: 可能です。銀行口座振込または郵便振替にて、在学期間4年分12,000円の会費を一括して納入していただきますようお願いいたします。その際、学生ご本人のお名前とご自宅の郵便番号(ハイフンなし7桁)を必ずご入力ください。口座番号等の詳細はこちらをご参照ください。

Q4: 会費を現金で納入することは可能ですか?

A4: 学籍番号を付与された後(入学後)でしたら、可能です。開室カレンダーで窓口の開室日時をご確認のうえ、おつりのないように会費をご用意いただき、学生証を持って経済学会窓口にお越しください。ただし、手続きに時間を要することがありますので、あらかじめご承知おきください。

Q5: 私は経済学部に入学する新入生ですが、会費納入後、刊行物はどうすれば受け取ることができますか?

A5: 通常なら、入学後、「経済学ワークショップ1」の授業内で担当教員より会員証をお渡ししますが、2020年度は新型コロナウイルスの感染拡大に伴う措置のため、以下の通りとさせていただきます。

  • 2020年3月31日までに会費を納入していただいた場合は、4月2日の新入生オリエンテーション後に経済学会窓口へお越しください。学生証をご提示いただければ、会員証と刊行物(2019年12月刊行の『経済学会報』最新刊)をお渡しします。
  • 2020年4月1日以降に会費を納入していただいた場合、授業開始前の期間であれば、学生証を持って経済学会窓口へお越しください。なお、入金確認に時間を要しますので、振込・振替直後の対応は難しいことがあります。
  • 春学期の授業開始後は「経済学ワークショップ1」の授業内で担当教員より会員証をお渡ししますので、会員証を持って経済学会窓口へお越しください。

Q6: いつまでに入会(会費を入金)すればよいですか?

A6: 経済学部生の入会は必須ではありませんが、学習の参考や科目選択のためには入学前の入会をおすすめいたします。例年、7割ほどの新入生が入会しています。なお、新入生で、春学期試験の直前(6~7月頃)、春学期の成績発表・成績不振者指導・秋学期の履修変更の頃(9月中旬頃)、秋学期試験の直前(12~1月頃)に、慌てて入会するケースもあります。

Q7: 私は経済学部に在学している2年次以上の学部生ですが、単年度のみの入会は可能ですか?

A7: 可能です。単年度分の会費3,000円を納入いただければ、当該年度の学生会員の資格が得られます。おつりのないように会費をご用意いただき、学生証を持って経済学会窓口へお越しください。